牛の放牧を求めて周東町へIターン

kobayashi小林 識史 さん
現在居住地:岩国市周東町樋余地
2006(平成18)年 京都市からIターン

(取材年月日 2008(平成20)年3月28日)


▼ UJIターンをする前は何をされていましたか?
牧場勤務

▼ UJIターンを考え始めたきっかけは何ですか?
放牧をしたいと思っていたので、水田放牧が盛んな山口県へ来ました。

▼ この地区を選んだ理由は何ですか?
場所を選んでいるうちに山口県の東部がいいということになり、また就農の研修先が周東町樋余地だったのでここに決めました。

▼ 家族から意見などはありましたか?
就農することに理解があったので、特に意見はありませんでした。

▼ UJIターンをしてみて現在の暮らしはどうですか?
牛の放牧を目的としてこの地域に移り住みましたが、必然的に地域の活動など、他にもやることがたくさん出てきました。
体が一つでは足りない状況ですが、地域の行事に参加することで、地域に溶け込むことができました。

▼ 現在の生活に慣れるまでの苦労話、失敗談等があればお聞かせください。
冬場は雪が多いので、未だに雪道の運転は慣れません(妻)。

▼ 地域との関りについて(地域行事への参加状況等)をお聞かせください。
ほぼ全ての地域行事に参加しています。(自治会、営農組合、消防団等)

▼ 今後の計画や、挑戦してみたいことがあればお願いします。
就農を軌道に乗せていくことです。

▼ UJIターンを考えている方へ一言お願いします。
まず地域の人と馴染んで行くことが大事かと思います。

▼ その他のメッセージ。
山口県UJIターン支援サイト 見つけてやまぐちニューライフに掲載されました。
http://www.ymg-uji.jp/index/page/id/155

関連情報