田舎暮らしのコツ(UJIターンを失敗しないために)

imaisan
今、UJIターンを考えている皆さん。
“田舎暮らし”や“スローライフ”など色々なイメージをもってUJIターンを考えていると思います。

ここでは、UJIターンを検討するにあたって、UJIターン者が陥りやすい失敗例や田舎で暮らしていく上でのコツを紹介しています。
あなたがUJIターンを検討される上で参考にしてもらえれば幸いです。

◎ UJIターンをするにあたっては、事前によく家族と話をしましょう


“奥さんや子どもたちは、田舎への旅行やレジャーが好きだから、田舎に移住しても問題ないだろう”と思い込み、家族に相談もせずにUJIターンを考える人が意外といるようです。

レジャーと定住では、その考え方が全然違ってきます。
土壇場での中止、家族の喧嘩や不和を避けるためにも、家族全員で事前にきちんと話し合うことをおすすめします。

◎ 収支計画は事前によく検討しましょう


都会暮らしに比べて、田舎での生活はお金もかからないかもしれませんが、働き口も多くはありません。
生活費がなければ、せっかくの田舎暮らしも断念しなくてはならなくなります。
UJIターン先で楽しく安心して生活するためにも、収入と支出はきちんと見積もり、必要があれば事前に仕事など収入を確保するなど、収支計画を検討することをおすすめします。

◎ 地域に溶け込む努力をしましょう


“田舎で悠々自適な毎日を過ごそう”と考えUJIターンを検討している人も多いようです。
その他にも、自己流の暮らし方をしてみたり、新しい農作業の方法を取り入れたりと、田舎暮らしをどのように過ごすかはみなさんの自由です。

しかし地域に溶け込み快適に暮らすには、地域のみなさんとのお付き合いは必要不可欠です。
あなたが新しく暮らし始めた地域の人たちとの付き合いが心配なように、地域の人たちも新しく来たあなたとの付き合いが心配なはずです。

地域の新しい仲間に気持ちよく迎えてもらうためにも、地域の行事など集まりには積極的に参加することをおすすめします。
その際には、地域の先輩を敬い自己主張は控え、“地域の新しい仲間として加わりたいという思い”を大切にすることをおすすめします。

関連情報